美鈴湖(みすずこ)は、長野県松本市(旧東筑摩郡本郷村)にある湖である。 農業(灌漑)用水を確保するため池として築かれた人造湖で、古くからの名は芦の田池(あしのたいけ)。その歴史は安土桃山時代に始まり、昭和の大改修工事で規模を拡大し現在の姿になった。1953年(昭和28年)には美鈴湖と改称されている。
8キロバイト (1,144 語) - 2020年9月7日 (月) 08:25


標高高いところにあるので寒さ対策をばっちし行えば楽しそうですね(╹◡╹)

【『美鈴湖』旅行終わりに手ぶらキャンプもOK】の続きを読む